オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

オナ禁継続でテストステロンは増えるのか?

   

 

オナ禁してますか?

 

オナ禁に関して書いているブログの中ではテストステロンに関しての意見が分かれています。

オナ禁で「テストステロンは7日目に上がるだけ」と「なんだかんだずっと上がる」って感じなんですよね。

 

僕は後者です。

オナ禁でテストステロンは「限界あるけど1週間程度では限界じゃなくもっと上がる」と考えています。

 

一つだけオナ禁とテストステロンに関する資料がありますが、そこでパッと見えている数値だけを見ると1週間のオナ禁で十分ということになってしまうんですね。

今回はオナ禁でテストステロンが高まるということについて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

オナ禁1週間で総テストステロンが最大値に

 

 

オナ禁を始めてから1~6日目はテストステロン値をみたところなんの変化もありません。

しかし7日目に45%どーん!と上がるんですね。

 

その後8日目は少し高めですが9日目あたりには元に戻ります。

これが週1オナ減ぐらいがちょうどいいと言ってる人の理由です。

 

たしかにここだけ見ると「なんだテストステロン変わらんのやったら週1で抜いたろ!」って思うかもしれません。

 

 

 

大切なのは総テストステロン値ではない

 

 

オナ禁で大切なのは総テストステロン値ではありません。

この中には活性化されてなくて体内では使えないテストステロンとかオナ禁者は徹底的に敵とみなしてるDHTも含まれてますからね。

 

つまりオナ禁7日目は効果のないテストステロンとかDHTも高まっているというわけです。

そう考えるとペニス増大はDHTが大切になってくるので増大したい場合は週1オナ減でもいいかもしれませんね。

 

 

 

オナ禁3週間以降は活性テストステロンが増える可能性あり

 

 

オナ禁を続けていくとおそらく遊離テストステロンとアルブミン結合テストステロンが増えます。

これが体内でしっかりと働いて男らしさを発揮してくれるテストステロンなんですよ。

 

遊離テストステロンが全体の1~2%、アルブミン結合テストステロンが全体の25~65%を占めるそうなのでオナ禁によってじわじわアルブミン結合テストステロンが増えるんじゃないかなと思っています。(長いのでこの2つを活性テストステロンって書きますね。)

オナ禁を1ヶ月以上やったことのある人ならわかると思いますが体調に波はあっても徐々に効果は上がっていく感じでしたよね。

 

これが目には見えない活性テストステロンが徐々に高まっていくことで起きる変化だと思われます。

週1で抜いていると一時的にテストステロンが高まるだけでまだ活性テストステロンはあまり増えてないと思っていいでしょう。

 

 

 

総テストステロンが高くなれば活性テストステロンも増える

 

 

もちろん総テストステロンが全く関係ないというわけではないです。

活性テストステロンが全体の1~2%なら全体が増えれば割合は変わらなくても量増えてますからね。

 

なのでオナ禁7日目は活性テストステロンも高まっているわけです。

調べてみても活性テストステロンを高める方法というのを見つけられなかったんですが、テストステロンを高める方法を利用していくことで活性テストステロンも増やすことができます。

 

ただ総テストステロンが増える場合DHTも増えることになるのでしっかりと対策が必要ですね。

最近は抜きまくってDHTが過剰分泌されていない限りはあまり気にしなくていいというかむしろメリットの一つになるんじゃないかと思い始めてるんですが。

 

 

 

オナ減は無駄なのか?

 

 

「週1で抜いてたら意味ないなら毎日抜いても一緒じゃね?」と思うかもしれません。

でもオナ猿→週1にしただけでもかなり違いましたよね?

 

それはオナ禁1日ごとにやはり活性テストステロンは増えていってるという証拠でしょう。

3週間を目安に一段効果が高まるように書かれていることが多いのは活性テストステロンが高まっていきつつ、3週間ほどかけてDHTが下がっていくからだと思います。

 

ただ少しずつ増えていくはずですがどこまで増えていくのかはわかりません。

オナ禁効果を書いている人が半年とか経ってもまだ新しい効果が出てきていることを見てみると1日あたりは本当に少しの前進だけと割と長期間伸び続けるのかもしれません。

 

 

 

オナ禁はできる限り続けよう!

 

 

ということで最終的にはできるだけ長くオナ禁した方が効果は大きくなるから頑張ろう!ってことになります。

効果を感じられない人はテストステロン値が低いとか性欲を抑えるための方法を使って豆乳がぶ飲みしてるとか、本当は効果出るはずなんだけど寝不足で食生活乱れまくってるし運動してないからとか理由はたくさんあります。

 

モテ効果も元がイケメン長身でもない限り逆ナンされることはないので自分からの行動が必要でしょう。

まずは90日のオナ禁を続けるだけでも全く違う自分に出会えますよ。

 

 

 

まとめ

 

 

オナ禁に関する論文が少ないというかないのでぼやーっとした記事になってしまいましたが、あながち間違ってないとは思っています。

じゃないとオナ禁効果が本当に宗教になってしまうんですよね。笑

 

体内で起こってる変化なので間違いなく科学で証明できるはずですが、需要が少ないから研究してくれないのかもしれません。

わかってる偉い人たちは勝手に個人でオナ禁してるんでしょうね。

 

最近の保健の教科書では抜きまくっていいよ!とまで書かれているそうです。

嘘の話にごまかされず隠された真実を掴みとっていきましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - オナ禁