オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

完全版!これでオナ禁できないならあきらめろ!?

   

 

 

オナ禁してますか?

オナ猿脱出して目標達成(モテたい、成功したい)したいからオナ禁を始めたものの全然うまくいかない。

 

そんな人も多いと思います。

やっぱりムラムラすると抜いちゃうんですよね。

 

オナ禁もやはり慣れです。

と言ってもできる限り抜かないでいる方法はあります。

 

今回はこれでオナ禁できないなら諦めた方がいい!というレベルの対策について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

これでオナ禁できないなら諦めた方がいいかもしれない

 

外出する

 

 

とにかく外に出ましょう。

ぶっちゃけ何の予定もなくても家から出ます。

 

とにかくオナるのって家ですよね。

じゃあ家にいないということが大切になってきます。

 

オナ禁が完全に習慣化されるまでは疲れるかもしれませんが、寝る時間と飯、風呂の時間以外は家に帰らないようにするというのも効果的な選択ですね。

家でムラムラしながらオナ禁継続は難しいです。

 

 

 

部屋にスマホを持ち込まない

 

 

自室がある場合はスマホを持ちこなないようにしてください。

時間帯関係なくリセットするときはエ〇を観ているはずです。

 

いつも妄想がオカズという場合はスマホ持ち込まなくてもできてしまいますが、スマホで〇ロを観ている場合は部屋にスマホを持ち込まないようにしてください。

これは特に夜に効果的です。

 

寝る前リセットが多い人はアラーム使える時計を買ってスマホはリビングとかに放置してしまいましょう。

これで寝る前にエ〇動画を観てついリセットしてしまったというのを防ぐことができます。

 

 

 

部屋にPCを持ち込まない

 

 

これもスマホと同じですね。

仕事や勉強の都合上部屋でパソコンを寝る直前まで触ってることもあるでしょうが、そういう場合は作業が終わったらすぐに自室からパソコンを追い出します。

 

パソコンもスマホもリビングに置くのがいいでしょう。

理由は一度リビングに置いたスマホとパソコンを夜にまた自室に持ち込むのは怪しすぎるからです。

 

「あいつ夜に何やってんだ。笑」って誰しもがなるでしょう。

 

 

 

部屋に雑誌を持ち込まない

 

 

ちょっとでもエ〇要素のある雑誌も持ち込み禁止です。

といってもそういう方面の雑誌を自分の部屋以外に置くのは難しいと思うので、買わないことになりますね。

 

オナ禁してムラムラが激しくなってくるとたぶん少年誌の漫画でも抜けるようになってくるので漫画も持ち込まないようにするのがいいかもしれません。

大丈夫、オナ禁が習慣化できるまでなので我慢しましょう。

 

 

 

日中にめちゃくちゃ疲れる

 

 

オナ中毒が抜けるまで(60~90日程度)は毎日オーバーワークじゃないか?と思うぐらいに身体を動かしてとにかく疲れよう。

身体を疲労させるのは精神的なダメージとは違うためうつっぽくならないです。

 

大学生とかで日中は暇な時間が多い場合は肉体労働のバイトを入れるといいでしょう。

社会人でも一人暮らしで休日とか危ない場合は日雇いで身体動かしたり、1日中スポーツしてみるとかいいですね。

 

本当にがっつり身体を動かしてると夜ムラムラするとか思う前に爆睡できます。

高校生のとき無意識に3週間~1ケ月?程度のオナ禁できたときの話ですが、球技大会前サッカーの練習を毎日のようにしてました。

 

サッカー部はサッカーには参加できないルールなので素人サッカー好きには大チャンスです。

そこで僕は朝練1時間、昼休みもサッカー、放課後は5時半まで学校でサッカー(部活ないと追い出される)、その後7時ぐらいまで河川敷を使ってサッカーしてました。

 

休日もやりたい奴だけ集まって半日ぐらいサッカーしてたんですが、その時期は家に帰って飯→風呂→布団にバタン→いつの間にか朝って状態でした。

これぐらい身体を動かしていると夜にオナという選択肢すら出てこないので、最初の3か月ほどだけでもいいので疲れ果てるまで身体動かしましょう!

 

オナ猿だった高校生のときの唯一のオナ禁期間です。

 

 

 

徐々に禁欲を伸ばす

 

 

僕も最初は毎日抜いてましたが、6年かけてようやく平均10日に1度となりました。

超絶遅いペースですが前よりかはマシですね。

 

「いやいや、単に年とって性欲落ちてるだけなんじゃねえの?」と思われたりしますが性欲に関しては高校生のときと同じぐらいかむしろ高いぐらいなので大丈夫です。

朝も毎日ギンギンです。

 

で、禁欲期間を徐々に伸ばすという方法なんですが、今現在毎日抜いてる人はまず2日に1回ペースにしてみましょう。

これを慣れたなと思うまで続けます。

 

最高3か月程度ですかね。

慣れたと思ったら今度は3日に1回、5日に1回、7日に1回と少しずつでいいので伸ばしていきましょう。

 

多分このペースで伸ばしていくと毎日のオナ猿でも1年後には週1までペース落とせてるんじゃないでしょうか。

歩みはゆっくりですがずっとオナ猿してるよりははるかにいいはずです。

 

ちなみに僕がなんで6年かけてまだ10日に1度ペースまでしかこれてないのか?の理由は、「いっきにオナ禁しようとしてる」からだと思います。

今もですが「オナるの無駄だからどうせならいっきにオナフリー状態にもっていこう」と考えてしまって、1か月近く続くときがあれば、連続リセットしたりとかしてるので結局全然伸びていかないんですね。汗

 

こうなるとなかなか「慣れ」ができないのでオナ禁期間伸びていきません。

「急がば回れ」ってことです。

 

僕は徐々に伸ばす方法取り入れてないですけど、これを観てくれてる人には徐々に禁欲期間を延ばす方をオススメします。笑

 

 

 

オナるのは実はストレス源

 

 

ストレス解消のために抜く。

これ結構聞きますよね。

 

ですがオナるのは完全にストレスでしかないので、ストレス解消のために抜くというのはやめましょう。

何故ストレスになるのかの理由はいくつかあります。

 

  • 抜くとコルチゾール出る
  • 次の日以降がだるい
  • 集中力が落ちて残業増える
  • だるいし眠いしでイライラする
  • 周りの反応も明らかに悪くなるから余計イライラする

 

ぱっと挙げるだけでもこれぐらいはありますね。

 

コルチゾールはストレスが増えることで分泌量が増えますが、コルチゾールが増えることでもストレスになります。

だるいとか眠い、集中力が落ちることでストレスが増えるのは当たり前ですよね。

 

1日の生産性が劇的に下がっててストレスにならないはずがないわけですよ。

そして引きこもりでない限り周りの人の反応はとても大切です。

 

普通に接してくれるだけでもいいことですがオナ猿だとびみょーな反応をとられたり、むしろ避けられたりするようです。

こういう風にストレス源はいくらでも増えていくので、「ストレス解消」という名目で抜くのはやめましょう。

 

というかたぶんオナ禁を知ってから抜くのは「あーまたやってしまった。俺ダメだな。」と思う気持ちが入ってしまうため、ストレス解消にはならないです。

 

 

 

外でも抜いてしまうのはどうする?

 

 

あまり多くはないですが会社や学校、公衆トイレですら抜いてしまう重度オナ猿もいます。

そんな人は今書いてきた中の大半は役立ちませんよね。

 

身体を動かしまくって疲労をためることはそれでも効果あると思いますけど。

こういう「外でも抜けちゃうぜ」って人はとりあえず気合いで抑えましょう。

 

 

最後は気合

 

 

とここまで色々書いてますがまだ携帯ももってない頃からオナ猿だった僕は隣で弟が寝てるにも関わらずこそこそ抜いてました。

なのでこういうエ〇を観ない上に隣に誰かがいる状況でもリセット(この時はオナ禁知らない)してしまう人は気合いで抑え込むしかない時期もあるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

ここまでやってもオナ禁できない!という人は諦めるか、もっと長期間かけてオナ禁を習慣化させていきましょう。

1日単位で少しずつ伸ばしていってる間に急に期間が伸びることもあるので、どうしてもオナ禁はしたいけどできない場合は時間をかける必要がありそうですね。

 

諦めろ!とか書きましたが諦める必要はありません。

他の人より時間をかければいいだけです。

 

僕も6年かけて10日に1度まで減らせてますし!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - オナ禁を継続させるには