オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

オナ禁効果を高めてくれる11の食べ物!食べればどんどん効果アップ!?

   

 

オナ禁してますか?

このブログではすでに100記事以上書いてるんですが、意外なことにオナ禁効果を高める食べ物についてはまだ書いていないことに気づきました。

 

まあ効果を無理に高めなくても続けていけばそれなりに効果が出ていくんですけどね。

でも「せっかくオナ禁するなら早くから効果欲しいでしょ!」と思いますよね。

 

僕もそう思ってオナ禁効果を高める方法はどんどん使ってますから。笑

今回はオナ禁効果を高めてくれる食べ物について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

効果を高める=テストステロン上がる=ムラムラ

 

 

オナ禁効果を高めるということはそれだけテストステロン値が高くなります。

テストステロン値が高くなれば同時にムラムラも強くなるってことなんですね。

 

なので場合によってはムラムラに負けてオナ禁期間が短くなってしまうでしょう。

もし今から紹介するものを食べていなくて平均1週間のオナ禁をしていて、そこから効果を高める食べ物摂取で3日しかもたなくなったとかになったら意味ないので、慣れるまでは摂取しない方がいいでしょう。

 

その代わり今までと同じく7日のオナ禁ができた時は効果が上がってること間違いなしです。

まあ7日ぐらいならまだちょっと寝起き良くなったとか肌荒れ減ったとか程度なのでそこまで差はないかもしれませんが、日数が伸びれば伸びるほど大きな差になっていきます。

 

諸刃の剣って感じですね。

 

 

 

オナ禁効果を高めてくれる食べ物

 

牡蠣

 

 

これはありふれた食べ物なので書くか迷ったんですけどとりあえず書くことにします。

ちなみに僕は牡蠣嫌いなので食べません。笑

 

牡蠣には亜鉛が多く含まれており他にもビタミンA,B、Cやカルシウムなど豊富な栄養素が含まれているので、食べられる人にはオススメの食べ物です。

 

ただ苦手な人も多いと思いますし値段も高いため毎日食べるわけにはいかないのが難点ですね。

狙ってる女性とホテル行けそうな日の夕食に二人で牡蠣鍋でも食べに行くといいでしょう。

 

 

亜鉛でオナ禁効果を上げることができるのか?

 

 

 

 

肉類はなんでも食べてOKです。

できれば牛肉がいいですね。

 

時々オナ禁効果を高めるためには野菜メインで肉食をやめた方がいいと書いていることがあるんですが逆効果です。

タンパク質やビタミン、ミネラルを考えると肉類は必須です。

 

まあ長期を見据えてオナ禁が習慣化されるまでは野菜メインでムラムラを抑えるのもありかもしれませんが、効果を高めたいなら肉はガンガン食べていきましょう。

タンパク質不足はテストステロン減少につながるので毎日体重1kgあたり1,6g摂れるように調整してみてください。

 

 

 

ビーフジャーキー

 

 

脂質少なめ、亜鉛多めの食べ物です。

お酒のおつまみ的なポジションですが間食として食べるのもいいでしょう。

 

低GI値なので無駄に血糖値を上げることもなく仕事中にも食べられますよ。

ただし毎日食べると塩分過多になってしまうので気を付けてくださいね。

 

 

 

ブロッコリー

 

 

アブラナ科の食べ物はテストステロンを高めてくれます。

インドール3カルビノールという物質がテストステロンを女性ホルモンに代えてしまうのを抑えるんですね。

 

なので毎日のサラダにブロッコリーを追加してみてください。

 

 

 

きのこ類

 

 

食物繊維が豊富です。

腸内環境を整えることがモテ男を作るためにはとても大切なんですよ。

 

腸が悪くなると体臭がひどくなるだけでなく免疫力も落ちます。

女性は免疫力の高い男性を本能で魅力的と感じるようなので免疫力強化は必須です。

 

 

 

たまねぎ

 

 

アリシンやケルセチンといったテストステロンを高めるためのものが含まれています。

切ったらすぐに成分が減っていってしまうそうで、加熱すると減少が止まるので切ったらすぐに食べるか熱を入れましょう。

 

毎日半個ほど食べるのが効果的なようです。

僕の場合最初はタマネギ氷を作って味噌汁とかに入れてたんですが面倒になってやめました。笑

 

その後はもっと楽したいってことでタマネギを半分に切って電子レンジで加熱したやつを数時間ポンズに付けてみたら割といけるのでこれを継続したいと思います。

 

 

 

にんにく

 

 

にんにく単体では効果は特にないんですがタンパク質と同時に摂取することで劇的な効果を発揮します。

女の子と二人でホテルに行くときはステーキを食べに行くといいかもしれないですね。

 

二人ともにんにく臭くなってしまえば問題なし。笑

臭いが控えめなのは黒にんにくでしょうか。

 

さらに臭いなしで効果を得たい場合はサプリを使うといいと思います。

 

 

 

バナナ

 

 

バナナにはブロメラインというテストステロンを高める作用のあるものが入っています。

ブロメラインはバナナだけでなくてパイナップルやパパイヤにも含まれているようなので、安くて手軽に食べられるバナナをメインに時々パイナップルとかパパイヤを食べるといいでしょう。

 

バナナは果糖が含まれているので筋トレ前後の栄養補給にとても効果的です。

パイナップルは缶詰とかありますが、そのままのパイナップルを買って食べた方がいいですね。

 

 

 

 

 

完全栄養食と言われていますがビタミンCは含まれていないので他で補いましょう。

卵にはコレステロールが豊富に含まれているんですが、このコレステロールが昔は身体に良くないとか言われてたんですよね。

 

むしろ最近は卵は身体にいいスーパーフードだと言われるぐらいの食品になりました。

卵に含まれているコレステロールはテストステロンの材料になるのでこれが不足すれば材料ないのでテストステロンは作られません。

 

もちろん卵限定じゃないので他のところからコレステロール摂ってればいいんですが、卵は無駄なカロリーを摂らずに様々な栄養素を摂取できるのでオススメなんです。

1日に卵を2,3個食べるようにしてみましょう。

 

 

 

アボカド

 

 

ここ数年はやりのアボカドですね。

アボカドはビタミンEの他にも豊富な栄養素が含まれていて野菜で栄養に悩むなら食っとけ!って感じの食材です。

 

健康的な脂質と栄養素が多く含まれているためテストステロンを高めてくれるんです。

ただアボカドは人によってはあまり好きじゃないんじゃないかなーと思いますね。

 

僕も一度食べたことありますが好んで食べようと思いませんでした。汗

好きな場合はたくさん食べるといいでしょう。

 

 

 

オリーブオイル

 

 

食べ物ではないですがこれもオススメ。

ドレッシングの代わりにサラダにかけてみるのもいいかもしれません。

 

試しに冷ややっこにかけて食べてみたところ全部下に流れるのでかけた意味はなく豆腐ですくって食べる形になりました。笑

 

 

 

まとめ

 

 

今回紹介した食べ物の中で卵やバナナは食べやすいものだと思います。

なのでテストステロンUPでオナ禁効果を高めたい場合はがっつり食べていくといいでしょう。

 

ただ太るとテストステロンは減るのでほどほどでどうぞ。笑

 

そしてテストステロンが高まりすぎてリセットしてしまっても責任は持てませんので自分の忍耐力と勝負してください!

勝ったら相応の効果を長期間得ることができるようになりますよ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - オナ禁効果を高める方法