オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

オナ禁にはダイエット効果あり!?オナ禁で痩せる10の理由

   

 

 

オナ禁をしていると痩せるということが様々なところで書かれていると思います。

そういう僕も実際体重のコントロールがかなり楽になったのでダイエット効果はあると思っているんですね。

 

今回はなぜオナ禁をすることでダイエットできるのか?について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

オナ禁でダイエットできる理由

 

意志力が強くなる

 

 

オナ禁をしていると徐々に意志力が高まっていきます。

意志力とはやりたくないことでも必要ならやったりやってはいけないことをやらないように我慢するときに必要な力ですね。

 

オナ禁をしているとやりたいこと(オナ)を我慢することで意志力が筋トレみたいに鍛えられていきます。

この結果最初は運動をしたくなかったけどとりあえず運動してるうちに習慣化されたり、食事も無駄なお菓子やジュースを飲むのを我慢することが簡単になっていきます。

 

意志力は徐々に上がっていくので1週間後にお菓子もジュースも完璧にやめて嫌いな運動を週5で1時間以上行うなんてのは厳しいですが、数か月後には可能になっている可能性も高いです。

意志力が高まることで無駄な摂取カロリーを抑えやすく、消費カロリーも増やしやすくなった結果ダイエットすることができます。

 

 

 

 

テストステロンが高まる

 

 

オナ禁を続けていくとテストステロン値は高まります。

と言ってもオナ禁だけを行っていると徐々にテストステロン値は下がってしまうようなので工夫は必要です。

 

ですが仕事で成功したいとかモテたいという目標を持っている場合は筋トレやダイエット、がっつりと仕事に打ち込んだりと生活を変えていくことになるので生活改善している間にテストステロン値が高まるんですね。

テストステロンには筋肉合成や脂肪分解作用があります。

 

筋肉が付くことで基礎代謝が高まり脂肪分解の作用と相乗効果でがっつり体脂肪を減らすことができるようになります。

 

 

 

 

食欲が減る

 

 

オナった後って数日はものすごくお腹すきやすいと思いませんか?

僕の場合はリセット後3日目ぐらいまではお菓子とジュースが飲みたくなります。

 

実はしっかりとした理由があるんですね。

男がオナって出した後にはコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。

 

コルチゾールにはインスリンを減少させる働きがあって血糖値が下がるんですね。

血糖値が下がるとお腹が減ってなくてもお腹減ったと思うようになってるのでついつい食べ過ぎてしまうことになるんですよ。

 

仕事のストレスでドカ食いしてしまうのも同じような理由です。

 

 

 

睡眠時間が確保できる

 

 

大抵の場合オナるのは夜だと思います。

30分~2時間かけて行う人もいると思いますがその分睡眠時間は減ってますよね。

 

単純に30分減ったとしても結構な量です。

睡眠不足になるとグレリンとレプチンという食欲に関係しているホルモンのバランスが崩れます。

 

食欲を増すグレリンが増えて食欲を抑えるレプチンが減ってしまうんですね。

この結果食欲を抑えにくくなるんですがオナ禁するとしっかり睡眠時間を確保できるようになるため、食欲も安定してきます。

 

もちろんオナ禁したからといっても睡眠時間が短くなるとグレリンとレプチンのバランスは整わないので食欲は抑えられません。

 

 

 

 

質の良い睡眠が良くなる

 

 

睡眠はものすごく大切です。

オナ禁をしていくと睡眠の質も高まっていきます。

 

睡眠の質が高まると短時間でもがっつりと寝れるようになるので、おそらくこれが短時間睡眠になる理由のひとつだと思われます。

睡眠の質が高まるとテストステロンと成長ホルモンの分泌が良くなるんですね。

 

成長ホルモンにもテストステロンと同じく脂肪分解作用があるためオナ禁で睡眠の質を高めることがダイエットにつながります。

ちなみに成長ホルモンには筋肉合成の作用はないと言われています。

 

 

 

 

リセット対策がダイエットになることも

 

 

とくにオナ禁初期ってとにかくオナりたい衝動を抑えるのに必死になることが多いんですね。

人によってはさっと長期オナ禁に入っていく人もいますが多くの場合は最初の数週間でつまづきます。

 

リセット対策として効果的なのは

 

  • 運動
  • 少食
  • 早寝早起き

です。

 

どれもダイエットに効果的なものばかりですよね。笑

リセット対策に必死になっているといつの間にか健康的な生活になって痩せていくという循環が出来上がります。

 

 

 

 

食生活が整う

 

 

リセット対策で少し触れましたができる限りリセットの衝動をこないようにするためには健康的なで少食を目指すと良いです。

不必要なジャンクフードやカロリー摂取は性欲を高めてしまうんですね。

 

しかもテストステロンが高まった結果の良い性欲ではなく単なるリセットしたいだけの欲望なので「ムラムラ半端ないからテストステロンがんがん上がってるんだな!」という勘違いはしないように。汗

性欲を抑えるために食生活を整えて必要以上のカロリー摂取をしないようにすることでダイエットにもつながります。

 

 

 

 

だるさがなくなることで活動的になる

 

 

オナ禁を続けていくと徐々に体のだるさが減っていきます。

今まではだるいから仕事や学校以外で動きたくないと思ってたのがウソのように軽くなるんですね。

 

その結果運動を始めたり生活の中のNEATが増えて消費カロリーが増えることがあります。

NEATとは階段を登ったりちょっとした移動など普段の生活中の活動のことです。

 

エレベータやエスカレーターの代わりに階段を使うだけでも運動になるので筋トレや有酸素運動はしたくない!という人にはNEATを増やすことをオススメします。

 

 

 

まとめ

 

 

オナ禁がダイエットに効果ありと言われているのはオナ禁だけの効果ではないと思います。

オナ禁した結果他の行動が変わりダイエットできるんですね。

 

ただオナ禁をすることで間違いなく他の行動を変えやすくはなると思うので最終的にはオナ禁にはダイエット効果があると言ってもいいでしょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - オナ禁