オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

オナ禁中の気分の落ち込みをなくすには?鬱っぽくなってきたらやってみる10のこと

   

 

 

オナ禁してますか?

長期禁欲や性欲を抑えたオナ禁をしていると時々なんとも言えない気分の落ち込みに遭遇することがあります。

 

オナ禁してるとこういった状態になることがあるので、「やっぱオナ禁は良くない!」とか言う人が出てくるんですね。

 

ですがこの気分の落ち込みは防いだり軽い状態で終わらせることもできるんですよ。

今回はオナ禁中の気分の落ち込みを抑える方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

オナ禁中の気分の落ち込みを抑えるには?

 

 

運動する

 

 

オナ禁をしていて気分がうつっぽくなってきたと言う人には運動をしていない人が多いですね。

オナフリーな状態になるには数年単位でかかると思いますが、習慣が抜けるまでは90日でいけます。

 

100日超えの長期オナ禁をしている人の場合は次に筋トレやジョギングなどの運動習慣をつけてみましょう。

後々書きますが運動はセロトニンやテストステロンを増やしたり、外に出れば日光を浴びてビタミンDを増やすことも出来るので気分を良くするにはめちゃくちゃ効果的です。

 

 

オナ禁と筋トレはセットで!筋トレを一緒に始めるといい9つの理由

 

 

テストステロンを増やす

 

 

長期オナ禁をオナ禁だけやり続けるとテストステロンが減少してくると言われています。

たぶん実際にテストステロン値をオナ禁前と長期オナ禁中に測った人はいないと思うので、体感だと思いますが。

 

テストステロンが減少するとそれを補うためにDHTが高まります。

DHTは作用が強すぎるのかテストステロンと真逆の効果を出してくるのてわ気分が落ち込みやすくなるんですね。

 

テストステロンを増やしてDHTを減らすことでオナ禁効果は出てくるので、つねにテストステロンを高めるようにしていきましょう。

このためにも運動はかなり使えますよ。

 

 

オナ禁中はテストステロンを高めよう!モテたい、成功したい必見!

 

 

セロトニンを増やす

 

 

幸せな気分はセロトニンによって作られます。

オナ禁してるかしてないかに関わらずどうも気分が優れないと言う人はセロトニン不足が原因になっているかもしれません。

 

セロトニンは日光を浴びたり、ウォーキングやジョギングのようなリズムのある運動を行うことで分泌されるので、午前中に外をかるくウォーキングするのが効果的でしょう。

雨の日は外に出るの面倒なので自宅でスクワットすればOKです。

 

 

 

副腎疲労を起こさないようにする

 

 

副腎は内臓の一つですがここではテストステロンのもとになるDHEAが作られています。

ですが副腎疲労を起こしているとDHEAが作られなくなるのでテストステロンが減少してしまい、オナ禁効果はなくなるし気分も落ち込みやすくなります。

 

普段からコーヒーなどのカフェイン飲料や甘いものをたくさん摂っていたり、過度のストレスを溜めている場合は副腎疲労になっている可能性があるので気をつけましょう。

オナ禁をしているとついカフェインでブーストして頑張りすぎることがあるのでときどきカフェイン断ちをしてみるのも効果的です。

 

ストレスがたまってる場合はしっかり解消していきます。

週末にまとめて解消するより夜に一日のストレスをある程度解消しておいた方が良いでしょう。

 

 

 

睡眠時間を増やす

 

 

オナ禁していると睡眠時間が短くてもなんとかなったりします。

ですがやはり急に短眠になるのは身体が耐えられてないんですね。

 

なのでそのうちすごく怠くなったり気分が落ち込んできたりするんですよ。

そのためには普段より睡眠時間が短い日が2.3日続いた後はしっかりと寝る時間を確保しましょう。

 

短眠になりたい場合はオナ禁とは違ってまた別に習慣化する必要がありますね。

 

 

 

休息を十分にとる

 

 

睡眠だけでなく休息もしっかりとりましょう。

寝るのだけが休息じゃありません。

 

時々ぼーっとするのも休息ですし、ドラマとか映画を観るのも観すぎじゃなければ、心の休息になってくれます。

できる人はうまく休息を取り入れてるので、自分の周りにいるできる人を参考に休息の仕方も学んでみてください。

 

 

 

友人と頻繁に遊ぶ

 

 

友達と仕事関係なく話をするのはすごくリフレッシュになりますよね。

また男は同性の友達と遊ぶことでテストステロンの分泌が高まると言われています。

 

仕事以外家に引きこもっている人より色んなところへ遊びに行ってる人の方が魅力的に移るのはたくさんの友人に会ってテストステロンが増えているのもあると思われます。

僕は仕事上もプライベートもかなり引きこもり気質ですが、弟は家にいる時間がないぐらい活発です。

 

オナ禁なんて知らないと思いますがどう考えても弟の方が魅力的なんですよね。笑

もちろん友人と遊んでるだけが理由ではないですが、一つの原因となってるように思います。

 

 

 

新しい習慣をつくる

 

 

やめる習慣によると身体習慣であるオナ禁は習慣化されるまでに90日かかります。(オナ禁について書かれている本ではない)

なので90日経った頃にはオナ禁してる状態が当たり前になってきて目標がなくなるんですね。

 

ここで気分が落ち込まない人はオナ禁自体が目的でないとわかってるか、新しい目標を設定している人です。

90日を超える1週間ほど前から新しい目標を作ってみてください。

 

そうすると90日達成して時にやりきった感からのリセットも防げますし、新しい目標に向かって行動し始めるので気分も落ちんでる暇なんてなくなりますよ。

 

 

 

サプリをとる

 

 

気分の落ち込みを改善したい場合はサプリメントの摂取も効果的ですね。

特に効果を期待できるのは亜鉛とマカです。

 

亜鉛はオナ禁してるとよく見る情報になると思うんですがマカもとってみてください。

基本的にオナ禁によって気分が優れなくなる場合は精力が弱ってるので精力を高めるサプリメントで改善できることが多いんですね。

 

まずは試してみたいサプリメントとしては亜鉛とマカというのとになります。

 

 

海乳EXレビュー!半年以上続けて飲んでみたオナ禁に対しての感想は?

 

 

食生活を改善する

 

 

オナ禁中だけじゃなく常に大切なことなんですが食生活の乱れはオナ禁効果を激減させます。

栄養不足だとテストステロンやセロトニンなど他のホルモンもうまく分泌されなくなりますし、睡眠の質が下がったり疲れがとりにくくなることもあります。

 

なのでオナ禁と一緒に健康的な食生活も習慣化していきましょう。

 

 

 

習慣化の優先順位は?

 

 

今オナ禁以外にも運動と健康的な食生活を習慣化しようという話しをしました。

「どれから習慣化したらいいねん!」という声が聞こえて来そうです。笑

 

これは個人的な優先順位順位になりますが、オナ禁>>>>>運動≧食生活です。

オナ禁の優先順位が圧倒的に高い理由はそれだけ効果が大きいからですね。

 

毎日抜くような生活をしていると本当にやる気は出ません。

この常に沈んだやる気のない状態で健康的な食生活も運動も習慣化するのってめちゃくちゃ難しいんですよ。

 

というか僕は無理でした。汗

オナ禁してると意志も強くなるというのも理由の一つです。

 

もう筋トレを一年続けているので完全に習慣化されてると言ってもいいですが、それでも抜いた日はやる気出なくてサボることがありますし、3日ほどはあまりやる気ないけど筋トレするって感じです。

ですがオナ禁中は筋トレを当たり前のようにできるんですね。

 

読書とか運動とか食生活とか最初はどうでもいいのでとにかくオナ禁だけやってみましょう。

一年間オナ禁だけやるでもOKです。

 

それぐらいゆっくり習慣化すると間違いないですね。

ペースは遅いですが全部に挫折してるより人生改善してますからね。

 

 

 

まとめ

 

 

長期オナ禁による気分の落ち込みは良くなっている状態の一部です。

右肩上がりにいい状態になっていくんではなく、上がってはちょっと下がるという3歩進んで2歩下がるって感じで良くなっていくので気にしなくていいとも言えるんですね。

 

ただ少しでも良い状態に持っていきたい場合は今回紹介した方法を試してみて下さい。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - オナ禁