オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

HIITって知ってる?激烈にカッコイイ体とオナ禁効果を同時に手に入れることができる方法を紹介!

   

 

 

オナ禁してますか?

あなたがどのような目的でオナ禁をしているのかは僕にはわかりません。

 

ですが健康的な身体を手に入れることができればモテやすくなりますし、オナ禁効果が高まり勉強や仕事への集中力も圧倒的に高まります。

運動部の人が試験前になると急に勉強しだして割といい成績をとったりするのは運動が勉強にも効果あるということを表してますよね。

 

そして実はオナ禁効果とめちゃくちゃカッコイイ身体を同時に手に入れる方法があるんですよ。

それが今回紹介するHIITというトレーニング方法です。

 

 

スポンサーリンク

 

HIITとは?

 

 

HIITはhigh-intensity-interval-trainingの略で高強度インターバルトレーニングのことです。

最大心拍数の90%以上で運動してその後軽いウォーキングやジョギングで息を整えたりするのを繰り返すんですね。

 

ぶっちゃけきついですが、筋トレで色々な箇所を鍛えるのとかあまり長い間ジョギングするのは面倒だわって人にめちゃくちゃオススメのトレーニング方法です。

 

 

 

HIITがわかりやすいのはダッシュ!

 

 

HIIT自体は高負荷のトレーニングと低負荷のトレーニングを交互にやればいいんですが、僕のオススメは外でダッシュすることです。

ダッシュというのは陸上短距離選手が練習中のイメージをもってくれるといいですね。

 

50~100mほどダッシュ→元の位置まで歩いて戻る→ダッシュ

 

これを繰り返すだけでかなり大きな効果を得ることができるんですね。

 

 

HIITダッシュがオススメな理由

 

オススメする理由は色々とありますが、主な理由は4つです。

 

外で日光浴びながらやるとテストステロンUP

 

 

オナ禁効果を得るために必要なのがテストステロンです。

テストステロンの分泌が少ないままでは長期オナ禁しても効果は少ないでしょう。

 

もちろん短期オナ禁でテストステロンがんがんよりは長期の方が効果を得ることができますが、長期+テストステロン分泌だと更に大きな効果を得ることができるということです。

日本ではまだまだ外で筋トレとかできる環境が少ないので日光を浴びながら筋トレは難しいですよね。

 

ですが外でダッシュするだけなら日光浴びまくりで行うことができます。

ただし日光に当たる量を増やすために上半身裸とかで走るのはやめましょう。

 

日本だとたぶん捕まります。

特に最近はヒ〇テリックな親御さんが多いので公園で上半身裸でダッシュとかしてたら通報されるでしょう。

 

僕が子供の頃だとまだセーフだったと思うんですけどね。笑

がっつり日光浴びたいのでトレーニング中ぐらいいいやんって思いますが、やはり難しいですよね。汗

 

 

 

ダッシュは全身の筋肉を使う

 

 

ダッシュするとわかりますが、本当に色々な部分の筋肉を使います。

ここ使ってるのか!って感じの筋肉が次の日筋肉痛になったりしますからね。

 

筋トレだと基本的には鍛えてる部位とその周辺しか使えないので、色々な部分を鍛えないといけませんがダッシュは一気に全身を鍛えることができバランスが良いです。

筋トレを習慣化してる人の中でも多いのが上半身ばかりトレーニングしてる人です。

 

上半身はかなりいい感じに鍛えられてるのに「下半身ほっそ!」って感じの人も結構いるんですよ。

たしかに上半身に比べて下半身の足とかの筋肉が人に見られることは少ないですが、海とか行ったときバランス悪いと本当にださいです。

 

下半身のトレーニングもしっかり行えばいいんですが、面倒という人はダッシュも取り入れていくといいでしょう。

 

 

 

下半身を鍛えることができる

 

 

バランス良く鍛えることができると近いですが下半身の筋肉を鍛えられるのはオナ禁者としてもとても重要なことです。

筋肉が増えることでテストステロン値が高くなり、オナ禁効果ががんがん高まっていきます。

 

ここで重要なのが筋肉量です。

下半身(たぶんお尻から)の筋肉は全身の70%以上と言われています。

 

なので上半身バッキバッキに鍛えたとしてもまだまだ30%しか鍛えられてないんですよ。

単純計算できるものではないですが、上半身を鍛えるより下半身を鍛えた方がテストステロンも上がりやすいってことです。

 

大きい筋肉を鍛える方がテストステロンが高くなるのはわかっていて太ももとかお尻の筋肉を鍛えるとテストステロンはがんがん高まりますが、腕などを鍛えてもあまりテストステロンは分泌されません。

 

また下半身を筋トレしてテストステロンを高めることで上半身の筋肉も付きやすくすることができるので、スクワットとかの筋トレが嫌いな場合はHIITでダッシュして下半身を鍛えるといいでしょう。

 

 

 

器具いらない

 

 

これ結構重要です。

運動できる靴さえあればいつでもダッシュ可能です。

 

家の中で筋トレするとしても慣れてきてたらちょっとダンベルとかチューブとか欲しくなってきますし、人によってはトレーニング用ルーム作ったりしますよね。

ジムに通うとしても割とお金かかりますが、HIITを利用してダッシュするのは靴さえあればOKという気軽さがあります。

 

家の前の道路ダッシュするぐらいなら服はスウェットでも問題ありません。

実際僕もかなり前に買ったジャージ着て走ってるのでお金かからないのはいいですね。

 

 

 

効果はすごいけどいきなりやるのは危ない

 

 

オナ禁とHIITでのダッシュの相性はものすごくいいと思います。

しかし普段あまり運動してないとか筋トレ以外やってない人は初日から全力で走ると怪我するリスクが大きいので気を付けましょう。

 

最初はランニングぐらいの速さから始めて徐々にダッシュにしていきます。

これでかなり怪我のリスクを減らすことができますよ。

 

 

 

まとめ

 

 

オナ禁は他の行動を同時に行うことでどんどん効果を大きくしていくことができます。

特に長期オナ禁に入ってる人とかでないとムラムラでリセットしてしまうことが多いですが、HIITで追い込むことで体力を使ってしまいムラムラを減らすことができます。

 

HIIT直後とかきつすぎてムラムラどころか食事すらできないぐらいですからね。

ムラムラ対策しながらかっこいい身体を作っていけるのはかなり大きなメリットなんじゃないでしょうか。

 

時短で身体を鍛えられるのでぜひ取り入れてみてください。

最後にHIITの動画挙げときます!

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - オナ禁効果を高める方法