オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

オナ禁サイトに気を付ける~必ずしも同じ結果にはならない

   

 

こんにちは、ゆうやです。

 

オナ禁を始めるときのきっかけとしてオナ禁サイトを見た、ということが結構多いと思います。

まとめとか誰かが作ったブログとか。

 

でもそこに書かれている効果、メリットやデメリットってかなり差がありますよね。

3日目ぐらいから効果が出始めてどんどん右肩上がりにいいことが増えてきてる人や最初はちょっと効果があったけど途中からうつっぽくなってデメリットばかりになっている人。

 

なんでそんなに差があるのか?

今回はオナ禁サイトを見るときに気を付けてほしいことについて書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

オナ禁サイトは絶対ではない

 

人によって効果が違う理由

 

 

オナ禁は本当に人それぞれ効果の出方が違います。

中には適当に書いてる人もいるんだろうと思いますが効果の出方が違うのって当たり前なんですよね。

 

運動でも勉強でも仕事でも同じことを同じように同じ時間だけしても全然成果が違いますよね?

これは今までの積み重ねだったり頭の中でどんなことを考えながらやっているかによって全然違ってきます。

 

学校から帰ったらすぐ塾に行って毎日夜遅くまで勉強しているのに成績が変わらない人がいる中で2,3時間ちょろちょろってやっただけでそんな人たちを追い抜いてしまう人がいるのも同じ理由です。

 

オナ禁でも今までの生活によっては効果が異なる

 

 

オナ猿のどあい

 

 

オナ禁も勉強とかと同じです。

たとえば毎日4,5回5時間ほどかけて抜いていた人が急にオナ禁を始めたA君とと元々2週間に一回しかやっていなかったB君がオナ禁をした場合、どちらが大きく効果を得られると思いますか?

 

当然急にオナ禁を始めたA君ですよね。

おそらくA君はうまく続けられればびっくりするほどの効果が得られます。

でもB君はなんとなーく寝起き良くなった?とか程度の効果かもしれません。

 

 

 

運動をしているか

 

 

オナ禁を始めたタイミングで運動を始めているかどうかによっても違ってきます。

 

オナ禁の効果は男性ホルモンであるテストステロンをガンガン出して悪い男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)をできるだけ減らすことで最大限得られるんです。

 

運動で筋肉がついたり脂肪を減らすことができればその分見た目が良くなり自信が出てきます。

自信が出ればそれだけでテストステロン値は上がるんですね。

 

逆に運動をして汗をしっかりとかくことでジヒドロテストステロンは一緒に流れていってくれるので減っていきます。

この辺は中学高校時代にサッカー部や野球部がモテていたのがいい例だと思います。

 

運動している人ってなんかかっこいいっていうのはこういう理由なんですね。

 

 

 

 

栄養面も気にしてみる

 

 

オナ禁始めた

運動も始めた

 

でも栄養面は全くだ

 

これだとオナ禁の効果は多少上がるにしてもめちゃくちゃ上がるってことにはならないです。

せっかくここまで頑張ったなら栄養面も変えてみては?

 

今までカップ麺食べてたのを家でおにぎり作るとか野菜を買い足すとか。

最初はほんのちょっとした部分から変えていって最終的に自炊で栄養満点な食事ができればOK。

 

栄養、運動、睡眠にしっかりと気を配りながらオナ禁ができればめちゃくちゃ効果が出てきます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

めちゃくちゃ運動とかに気を配っても人によってテストステロン値に差はあります。

効果の出方に差が出てくるのは当たり前なのですぐに効果でないから「俺はオナ禁しても意味ないのか」って思わずになんか足りてないのか?って考えながらオナ禁してみましょう。

 

オナ禁は自分をレベルアップさせるための時間を作るためのサブ的な要素だと思います。

できた時間を使っていかに自分のレベルを上げていくか?っていうのがモテたり成功できるかできないかの差になるんですよ。

 

レベルアップって考えるとゲームと同じような感覚ですね。笑

ゲームよりは少し時間がかかるけどやることは同じようなもんです。

 

ゲーム感覚で自分を上げていきましょう♪

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - オナ禁