オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

オナ禁で寝不足?急激な変化に気を付けよう!

   

 

オナ禁してますか?

オナらなくなってから3日ほど経つと寝起きが楽になってきます。

 

早ければ1週間を過ぎたあたりからは睡眠時間が多少減っても問題なく活動できるようになってきますよね。

ですが寝不足ってオナ禁効果を減らしてしまうんですよ。

 

今回はオナ禁での寝不足について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

オナ禁で寝不足になってない?

 

スーパーサイヤ人効果

 

 

オナ禁を1ヶ月超えたあたりでスーパーサイヤ人効果で短眠になるとか言われています。

これはおそらくアドレナリンとテストステロンの上昇によるものなので一時的に短眠になってるだけで、身体にがっつり疲労がたまっているのに変わりはありません。

 

その後反動があるとも言われてるのはアドレナリン+テストステロンのこうかがきれたことで疲労がどっと出てくるんでしょう。

元より短眠ならそれで疲労は回復されるわけですが、興奮して短眠になってるだけならいつかは回復期間が必要になってくるんですね。

 

 

 

体力が有り余って夜に眠れない

 

 

これもオナ禁による効果の反動ですね。

オナ禁するとエネルギーが凄いことになりますが、日中に上手く活用していかないと夜になっても体力が有り余ってしまって寝付けなくなってしまいます。

 

結果ちょっとずつ寝不足が積み重なってしまってしまうんですよ。

ちなみに僕はこの有り余るエネルギーを筋トレと他の運動だけじゃ消費しきれないので、オナ禁中は仕事量が劇的に増えます。

 

 

 

オナ禁中もしっかり寝た方がいい

 

 

オナ禁中は多少無理しても活動できるのでつい頑張りすぎたりしますが、やはり睡眠時間は確保した方がいいです。

ルフィみたいにギア4th使って一瞬めっさ強くなるけどその後動けなくなるとか現実世界じゃあまり使い道ないですよね。

 

というかリアルならそれ無能です。

 

戦いなら一気にボコったあと休めますが、仕事とか勉強の場合は一日中14時間の作業を一週間した後1週間だらけるよりは、5時間ぐらいの作業を毎日続ける方が効率良いんですよ。

ずっと続けられるように工夫していきましょう。

 

と言ってもやはりオナ禁によって無駄な疲れがなくなったりホルモンバランスが整うとか行動力が上がって体力が底上げされるので、1時間ぐらいは睡眠時間短くなると思うので活動できる時間は増えますね。

 

 

 

オナ禁中は昼寝の重要性が高まる

 

 

オナ禁しててもしっかり寝た方がいいというのは間違いないんですが、人によっては夜全然寝付けなかったり朝自然と早起きになってしまう場合があるでしょう。

夜はまあ色々工夫したら寝れます。

 

ですが朝早起きして寝たりなくなるのは二度寝じゃ体調崩す原因になるので良くないんですよ。

じゃあどうすればいいか?と言うと昼寝するんです。

 

学校でも職場でも1時間ぐらいは昼休みありますよね。

この時間の半分は昼食ですが、残りの時間で昼寝しましょう。

 

この2.30分の効果がめちゃくちゃ大きくて寝不足解消になるし、午後の集中力も全然違ってくるのでぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

寝不足になるとオナ禁効果減るよ

 

 

オナ禁で睡眠時間短くなってもしっかり寝た方がいいって言う理由はやはりオナ禁効果が減少してしまうからです。

オナ禁効果の大半はテストステロンが影響してると考えられますが、寝不足は年齢が10〜20歳ほど衰えたぐらいテストステロンが減少します。

 

たぶんこの状態だと長期オナ禁でも週1のオナ減の人より効果ないと思いますね。

数年単位で短時間睡眠だとテストステロンがどうなるのかはわかりませんが、1.2ヶ月の短眠はテストステロンを大幅に減少させてしまうので、オナ禁効果を得たい場合は気をつけましょう。

 

仮にショートスリーパーならテストステロンが減らないと考えた場合でも、一気に睡眠時間を減らしていくと慣れる前に体調崩すので数年かけて少しずつ短時間睡眠できるようにしていくといいですね。

 

 

 

長期オナ禁者が無気力になる理由

 

 

100日ぐらいで無気力になったという話をよく見かけますが単純に寝不足の反動なんじゃない?と思ってます。

2ヶ月辺りからは睡眠時間を3時間ぐらいまで減らしても問題ない時期が人によってはあるようですが、急に睡眠時間減らして身体がもうわけないんですね。

 

その反動として90日を越えたあたりで無気力化してしまうと。

身体が「最近マジできついからちょっと休ませて」ってブレーキかけてるイメージです。

 

運動がっつりやってて睡眠時間もオナ禁実践前と同じだけとってたらどうなるのかについて調べたいですね。

今やってるオナ禁はこのままオナフリーを目指してるので、試してみたいと思います。

 

運動してはしてるんですが、つい行動的になって寝不足にならないよう気をつけます。

 

 

 

まとめ

 

 

睡眠不足はオナ禁してる意味が激減してしまいます。

抜いてなくて元気だから色々と寝る以外のこともやりたいと思い始めるのはわかりますが、オナ禁の効果を得たいならしっかり寝ましょう。

 

単純に抜いてる時間が無駄と思う場合は短眠でもいいかもしれませんが、やはりしっかり寝て勉強や仕事した方が早く終わりますね。

オナ禁の短眠効果に振り回されないようにしましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - オナ禁効果を高める方法