オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

睡眠とオナ禁の関係。しっかり寝ないとテストステロン減少でオナ禁効果なくなる?

   

 

 

オナ禁してますか?

 

オナ禁の効果を最大限発揮させるにはテストステロンの分泌量を高める必要があります。

そのためには睡眠ってめちゃくちゃ大切なんですね。

 

今回はオナ禁と睡眠について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

睡眠時間の確保が大切な理由

 

睡眠時間が不足するとテストステロンの分泌は激減します。

たとえば1週間の間5時間睡眠以下の睡眠不足状態になると通常時より15%テストステロンの分泌量が減ってしまうんですよ。

 

「なんだたった15%か」と思いました?

15%というと15歳年齢を重ねた分と同じだけテストステロンが減少しているということになるんですよ。

 

今20歳の場合は35歳、30歳なら45歳ぐらいのテストステロンしか分泌されていないということです。

この差はやばいですよね。

 

なのでしっかりと睡眠時間を確保する必要があるんです。

ただこの実験では普段8時間ぐらいは寝てる人が5時間睡眠になると?ということしかわからないので、何年間もの間休日も関係なく365日ほとんど毎日を5時間睡眠とかの人の場合はどうなるのかわかりません。

 

でもたいていの人は平日5時間でも休日にがっつり寝てたりするので睡眠不足になるとテストステロンは減少すると言えるでしょう。

 

 

 

睡眠時間を確保するには?

 

では今度は睡眠時間を確保する方法について書いていってみます。

学生でも社会人でも睡眠不足の原因は忙しすぎるという場合が多いです。

 

ですが実際本当に睡眠不足になるほど忙しいのか?と言われるとかなり怪しいんですね。

今回は睡眠の質以外についてみていきましょう。

 

 

 

電子機器の使用を減らす(スマホ、パソコン、テレビなど)

 

 

普段から当たり前のようにみているスマホですが実はかなりの時間泥棒です。

テストステロンを増やすために睡眠時間を確保したいなら使用時間を減らすといいでしょう。

 

たとえばスマホゲーム。

スマホゲームは1回あたりは1~5分程度しかやってないかもしれません。

 

ですが1日のトータルで計算すると1~3時間ぐらいは使ってると思うんですね。

この時間を他のやるべきことに使えばそれだけでかなり睡眠時間を増やせると思いませんか?

 

電車の待ち時間とかのちょっとしたタイミングで1日のやるべきことを見直しておくだけでもその日の作業効率は良くなります。

5分あれば洗濯したり食器を洗ったりの家事もできますよね。

 

また夜家に帰ってからなんとなくぼーっとスマホやテレビを観てるのはやめてその時間で10分でも20分でも睡眠時間を増やしてみましょう。

せっかくオナ禁という慣れるまではめちゃくちゃきついことをやってるんですから効果を得たいですしね!

 

 

 

残業を減らす

 

 

とにかく残業を減らす努力をしていきましょう。

残業ってどうしても発生するときがあるものなんですが、自分の努力次第で残業なしにすることができる場合も多くあります。

 

もっと仕事中の隙間時間を有効活用したり、集中力を高めていっきに作業を進めれば定時までに終わることも増えますし、終わらなくても残業時間を減らすことはできるでしょう。

5分の隙間時間をうまく使えば30分早く終わらせるなんて実は簡単だったりするんですよね。

 

早く終わって家に帰って早く寝ればその分睡眠時間も増えるので更に体調が良くなり残業を減らせるという好循環にもっていくこともできます。

 

 

 

無理な仕事は断る

 

 

残業を減らすのと近いものもありますが、必要以上の仕事は断りましょう。

断っても案外なんとかなります。たぶん。

 

むしろ「いやーきついなー」とか思いながらも断らずに残業で疲れた状態でこなしてミスったり、締め切りに間に合わないとかクオリティめちゃくちゃ低いぐらいなら受けない方がお互いのためになります。

 

 

 

飲み会を減らす

 

 

大学生や社会人になると夜の飲み会めちゃくちゃ増えると思うんですよね。

断らないとほとんど毎日という人も多いでしょう。

 

ですが毎日飲み会に行ってると帰りは遅くなり睡眠時間も減ってしまいます。

飲むのが好きな人は別として本当は帰って寝たいと思ってる人の場合は断りましょう。

 

全部が断れないとしてもとりあえず週何回かは断ります。

ちょっとその状態に慣れてきたらもう1回断る回数を増やす。

 

って感じで最終的には「飲み会には行かない人」という設定を作り出しましょう。

乗り悪いなーとか言われて仕事に差し支えが出る会社だときついですが、そういったことがなければむしろしっかり睡眠もとれて集中して仕事ができるので文句は言われないでしょう。

 

 

 

ものを減らす

 

 

家にあるものをできる限り減らすようにしてください。

ちょっと欲しいと思ったら買ってしまって結局使ってないものとか、一応使うけどほとんど使ってないものは処分して今後似たものは買わないようにします。

 

ものが多くなるとどうしても掃除する回数が増えるんですよね。

その時間を本来は睡眠に充てることもできたはずです。

 

またものが多くなると探し物も多くなります。

どこに置いてるのかわからなくなって何かの下に置いてあったりね。

 

こういうので無駄な時間がとられて日中の集中力がなくなり最終的には睡眠時間を削らないといけない状態になってることも、実はかなり多いので気を付けましょう。

部屋が散らかってる人は綺麗に片づけていらないものを処分するだけでも睡眠時間の確保につながりますよ。

 

 

 

自分でやらなくていいことはやらない

 

 

なんでもかんでも自分でやる必要はありません。

仕事だと部下に回したり外注に任せることができるものもありますよね。

 

家だと掃除や洗濯、食事の用意なのは自分でやらなくてもいい場合もあります。

ハウスキーパーを雇うとかもっと簡単な方法だと床を片付けてルンバに掃除してもらうようにするといいでしょう。

 

これだけでも掃除の手間が省けて睡眠時間を増やすことができます。

 

 

 

寝る時間を決める

 

 

毎日違う時間帯に寝起きしているとなかなか寝付けなくなってしまいます。

平日は同じ時間帯に寝てても休日になると一気に夜型になってる人って多いと思うんですね。

 

それで日曜の夜寝られなくて月曜に寝不足という人も多いんじゃないでしょうか。

こうならないために睡眠時間帯は平日と休日で同じぐらいにするといいですね。

 

できなくてもできる限り近い時間帯にすることが大切です。

 

 

 

寝つきを良くする

 

 

布団に入ってもその後1時間寝付けないとかだとその時間は眠れてないってことです。

なので7時間布団に入ってても実質睡眠時間は6時間ですね。

 

布団に入ってできる限り早く寝るには日中に疲れ切っておく必要があります。

疲れは精神と肉体両方にあるので仕事で精神だけ疲れても座りっぱなしとかで身体が疲れていないと寝付けなかったりします。

 

試しに肉体労働してみてください。

夜めちゃくちゃ寝れますよ。笑

 

 

 

常に削れる部分を意識する

 

 

普通に生活をしていると日常は無駄だらけです。

本当に。

 

全ての無駄を削るぐらいの勢いで「これ無駄じゃね?」と自問自答していきましょう。

たぶん相当削っても全部はなくならないですし精神が参るほどにはならないと思います。

 

慣れてきますしね。

もし無駄を削りすぎて精神的にきつくなってきたらやめればOKです。

 

自分の生活がいい感じにバランスをとれるように無駄を削っていってください。

 

 

 

まとめ

 

 

睡眠時間を確保するには日中をフル活用する必要があります。

あなたが魅力的な男になりたいと思ってる場合はこの方法はとてもオススメなんですよ。

 

睡眠時間を確保することでテストステロンが分泌され男らしくなりますし、日中はめちゃくちゃきびきび働いていかにもできるやつって感じになりますよね。

メリハリの利いた生活を目指すことで心身ともにできる男に近づいていきましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - オナ禁, オナ禁効果を高める方法