オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

オナ禁中はテストステロンを高めよう!モテたい、成功したい必見!

   

 

 

オナ禁してますか?

オナ禁効果を少しでもしっかりと出すためにはテストステロンが大切言われています。

 

オナ禁自体の研究があまりされていないのでオナ禁の効果=テストステロンなのかははっきりしませんがテストステロンの高いと思われる人が仕事できたりモテやすかったりするというのはオナ禁効果と同じですよね。

なのでオナ禁+テストステロンを高めていくことでいっきに効果を高めていくことができます。

 

今までオナりすぎててしかもテストステロンが低い人の場合は-からのスタートですが早くに効果を+に持っていくこともできるようになるわけですね。

今回はオナ禁中にテストステロンを高める方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

テストステロンを高める方法

 

7日間のオナ禁をする

 

 

オナ禁を始めると7日をピークにしてテストステロン値が最高になって8日を過ぎると元の値に戻っていくと言われています。

7日の前後2日ほどは少し高くできるということです。

 

なので短期オナ禁だったり我慢できなくてリセットしてしまった場合はまず7日を基準にオナ禁してみるといいでしょう。

もし好きな人とのデートだったり大切な試験があるけど直前に誘惑に負けてリセットしそうと言う場合はあえて7日前にリセットしてテストステロンのピークを本番に持っていくという方法もあります。

 

8日目までは高まってる状態なので9日目リセットというサイクルを作るのもありかもしれませんね。

と言ってもこのテストステロンは総テストステロンが測られていて実際に活性化されている遊離テストステロンではないのでわかりにくいところ。

 

もしかしたら総テストステロンは8日目以降下がっていくけど遊離テストステロンは高まった状態かもしれません。

 

 

 

 

一生オナ禁する

 

 

こちらはおそらく遊離テストステロンが高まってるだろうというオナ禁先輩達の経験から基本的にはもうオナって抜かないという方針です。

たしかに長期オナ禁+テストステロンを高めていってる人って魅力的なんですよね。

 

オナ禁してるかどうかはともかく自衛隊とか消防隊に入った人って久しぶりに会ったら雰囲気思いっきり変わってます。

毎日の筋トレとか訓練でがんがんテストステロンが出てるんでしょう。

 

ちなみに一生オナ禁する理由はもう一つあります。

オナ禁3週間した人としてない人でA〇を観て抜いたときのテストステロンを測ったんですね。

 

そうすると3週間の人たちは動画を観てる間も抜いた後もオナ禁してない人に比べると20%テストステロンが高まった状態を維持したそうです。

これは動画を観て抜くということで計測してますが実際の生活でも何かしら刺激が入れば同じことが起こると思われます。

 

たとえば女の子と会話したときとか勉強するときとか試験やプレゼンで緊張感のあるときとか。

アスリートが試合前になるとオナ禁するとよく言われてますが最初は強制的にオナ禁を強いられてその効果を実感して自然と試合前は抜かないようになるんでしょうね。

 

まあもちろん「そんなもん知るか!」って感じで前日にがんがん抜いてる人もいると思いますが。笑

 

 

 

 

筋トレする

 

 

きっつい筋トレをするのも効果的です。

具体的には1セットを8~12回が限界になるような強度で行うといいですね。

 

「自重の腕立て伏せだから12回とか余裕すぎるわ。」って人はスロートレーニングに切り替えましょう。

今腕立て伏せを1秒で下がって1秒で戻ってるとしたら2秒で下げて2秒で戻るようにするだけ。

 

たったこれだけでもかなり強度は変わってきます。

余裕があれば3秒4秒と一回の動作をゆっくりにしていくといいでしょう。

 

それでも余裕が出てきた場合はプッシュアップバーを使うとかの工夫が必要になってきます。

個人的にはオナ禁してるときの筋トレは必須と思ってるので何か始めようかな?と思ったときは筋トレがオススメですね。

 

 

 

 

ストレスを減らす

 

 

ストレスを長時間感じたままでいるとコルチゾールが体内で大量分泌されてしまいます。

コルチゾールにはテストステロンを下げてDHTを増やすと言われています。

 

このコルチゾールを減らすためにストレス解消は大切なんですね。

筋トレもストレス解消に効果的なんですがそもそも筋トレ自体もストレスなため1回につき1時間以上のトレーニングは良くないと筋トレ界では言われています。

 

仕事や勉強でのストレスは筋トレで解消できるが筋トレも一回にやりすぎたらダメってことですね。

 

 

オナ禁中はストレスがたまりすぎてやばい!?8つの解消法

 

 

 

睡眠時間を確保する

 

 

オナ禁していると睡眠の質が良くなって短時間睡眠になったりするわけですが、テストステロンを高めるためにはある程度の睡眠時間を確保しておくのも大切なことです。

というのも睡眠時間が1時間増えるごとにテストステロンは15%増えるそうです。

 

成人の必要な平均睡眠時間は7,8時間とか言われているのでこれを基準にしてるのでしょう。

ただ9,10時間とどんどん増やせばテストステロンも増えていくのかはわからないそうです。

 

せっかく短時間睡眠でもバリバリ動けるようになってるのにもったいない!って人は平日を短時間睡眠にして休日にある程度睡眠時間を確保でテストステロン回復+デート当日はがっつり寝る、という方法でテストステロンを高めに維持していくといいでしょう。

 

 

 

目標に向かって夢中で行動する

 

 

何かに夢中になってる姿というのは魅力的ですよね。

間違いなくテストステロンは高まっています。

 

夢中というのは楽しいのでストレスもほとんど感じることがないためテストステロンが下がりにくい状況です。

何か夢中になれることができれば自信もついてくるのでとことん追求してみるといいですね!

 

努力も夢中には勝てないって言いますし。

 

 

 

恋する

 

 

魅力的な女性と会話するとテストステロンは高まります。

魅力的というのは人によって対象が違いますよね。

 

超絶美人な人に対しては何も考えず平気で会話できるけど好きな女の子とはうまく会話できないという場合もありますよね。

そんな感じの自分にとって魅力的な人に恋をしてるときはがっつりテストステロンが高まっているときなので、仕事にも力を入れやすく成功に向かいやすいんですね。

 

恋する相手なんかいないという人は女優やアイドル、2次元でもOK。笑

 

 

 

体脂肪を減らす

 

 

もし今あなたの体脂肪率が15%を超えている場合はダイエットしましょう。

これだけでテストステロンを高めることができます。

 

というか体脂肪が多いとテストステロンは下がってる状態なんですね。

脂肪が少なくて引き締まっている人が魅力的に見えるのはこのためでもあります。

 

ただし減らしすぎてもテストステロンが減るので8~15%の間を維持するといいですよ。

まあ体脂肪率が8%以下とかアスリートじゃないとほとんどないですが。笑

 

 

オナ禁にはダイエット効果あり!?オナ禁で痩せる10の理由

 

 

 

まとめ

 

 

オナ禁は最低でも7日をサイクルにして行うことで最低限の効果を得られると思います。

長期オナ禁の人の中には「オナ禁の真の効果を得られるのは3か月過ぎてから。」という人もいますが7日でも少しずつの効果は間違いなくあるので長期出来ないからオナ禁やめよってならないようにしましょう。

 

3か月越えの効果については達成したときにでも記事にしてみたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - オナ禁