オナ禁から人生の攻略を始めていくブログ

このブログでは完全断射オナ禁に関係のある様々なことを書いていきます。効果や自分の体験、現在の記録などについても書いていきたいと思います。基本的には体験が元になっているため科学的根拠のないものも多いです。信じるか信じないかは。。。2017年更新頻度上げていきます!最高日数49日!

オナ禁と筋トレはセットで!筋トレを一緒に始めるといい9つの理由

   

 

オナ禁してますか?

 

筋トレをオナ禁と一緒に行うことでオナ禁は相乗効果を得ることができます。

今回はオナ禁中に筋トレもすると良い理由について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

オナ禁中に筋トレをすると効果的な理由

 

自信がつく

 

 

オナ禁を長期やっていくだけでも「俺はオナってねえ!」という自信がついていきますが、筋トレをして体力と筋肉が付き脂肪が減って引き締まるとまた自信につながるんですね。

誰でもそうだと思いますが筋肉があまりなくお腹が出ている状態よりも引き締まって筋肉が浮き出ている方が自信でますよね。

 

もちろん筋肉付けていい感じのマッチョになるには継続が必要ですが続けているうちに「こんな俺でも頑張れば変われる!」という事実も知ることができます。

 

 

 

色々気を遣いやすい

 

 

筋トレでいい体を作るためには筋トレの継続はもちろん他にも栄養バランスや睡眠、摂取カロリーなど色々なことを気遣わないといけません。

オナ猿のときはそんな管理が面倒すぎて筋トレはするけどカロリー摂取がずっと多すぎて筋肉デブになったり、もはや筋トレすら面倒でやめてしまうこともあるんですね。汗

 

オナ禁中は意志力がアップしているのでこういった様々な筋トレに必要なことや挫折ポイントを乗り越えやすくなります。

 

 

 

ストレス解消に効果的

 

 

抜けないストレスとか仕事、勉強のストレスがたまりにたまった結果抜きまくりのオナ猿状態に逆戻りと言うパターンもありますよね。

こんなときに筋トレは最高のストレス解消になります。

 

筋トレをがっつり行うとストレスが減りセロトニンやエンドルフィン、ドーパミンが分泌されるので終わった頃にはものすごくスッキリした状態になれます。

個人的にはかるーく筋トレするよりもがっつり追い込んできっつーって感じになるとすっきりしやすいですね。

 

体はきついけどなんかニヤけてくるときもあるぐらいです。笑

 

 

オナ禁中はストレスがたまりすぎてやばい!?8つの解消法

 

 

 

亜鉛の消費を抑えることができる

 

 

亜鉛はテストステロンの分泌を高めることができます。

男が一回出すと亜鉛を7mg消費すると言われています。

 

1日に必要とされてるのは12mgなので必要量の半分以上を一回で出してるんですね。

しかもこれたぶんですが出す前提じゃなく普通に暮らしてるだけで必要な量だと思われるので1回出せばそれだけどんどん亜鉛は不足しています。

 

また平均で日本人男性は8,9mg程度しか毎日摂っていないらしく不足がちなんですよ。

不足してるのに出したら全然足りないですよね。汗

 

亜鉛が不足するとテストステロンは下がると言われているので筋トレをして抜くタイミングを減らしリセットを阻止することで無駄な亜鉛の消費を防ぐことができます。

筋トレでも亜鉛は消費されますが量は抜くのに比べたら少ないのでしっかりと食事で補いましょう。

 

 

 

前頭葉が鍛えられる

 

 

前頭葉は簡単に言うと我慢するときに使われていたりします。

オナ禁で我慢をすることで鍛えられさらに筋トレでがっつり追い込むことで鍛えられるんですね。

 

前頭葉が鍛えられると我慢強くなり意志力が上がるので根気強くなりオナ禁もはかどりますし仕事、勉強、趣味、副業など様々な分野で努力を続けられるようになるんですよ。

 

 

 

 

筋トレで追い込みやすくなる

 

 

筋トレをして筋肉をつけていくにはしっかり追い込むことが大切です。

オナって疲れていると追い込むにも体力の限界が近いのでどうしても追い込み切れなくなるんですね。

 

オナ禁中は体力がありあまってるので筋トレに思いっきり集中して追い込める分筋肉のつきも早くなり成果が見えやすいため継続も簡単になります。

 

 

 

やる気が出る

 

 

やる気と言うのは何をするにしてもとても大切ですよね。

筋トレでは特に大切です。

 

やる気はないけどなんとなくやってる状態とやる気出しまくりで集中して取り組む場合どっちが短期間で成長するか?と言われればやる気出して集中してる方でしょう。

1回のトレーニングの密度も高いしどんどん効率いい方法を探す努力もできるため筋トレを継続しやすくなります。

 

筋トレを始めて10か月経って習慣化した今でもリセットした日の筋トレは面倒で「今日はやめとくかー」ってなってしまう日もあります。汗

 

 

 

筋肉がつきやすい

 

 

オナ禁をしていると筋肉がつきやすいです。

これは抜かない分コルチゾールの分泌される量が減るためだと思われます。

 

コルチゾールはストレスを大量に受け続けることで分泌量が増えるんですが抜いたときにも大量分泌されます。

そしてコルチゾールは筋肉の分解を促します。

 

ということは毎日のように抜いていると慢性的にコルチゾールが多くなり筋肉がどんどん分解される状態になってしまってるわけです。

せっかく筋トレして筋肉作ろうとしてるそばからどんどん分解されていくので結果全然筋肉が成長してないことになります。

 

たしかにオナ猿だった高校時代は筋トレしてもなかなか筋肉がつかなかったですね。

10年ほど年をとった今の方が断然筋肉付いてるぐらいです。

 

コルチゾールを抑制せよ!男らしさを出すために知っておきたい11のこと

 

 

 

オナる時間が減る

 

 

特に一人暮らしの場合は効果大なリセット対策になると思います。

筋トレに時間を使うため一人でもその間はオナることないですよね。

 

家で筋トレをしても1時間は使えますしジムに通えば2時間ほどは筋トレ時間になるため、昼間暇で抜いてしまうというのが減ります。

ムラムラしたら筋トレ!

 

ただ人によってはまさかの筋トレしたら勝手に出たという人もいるそうなので気を付けましょう。笑

 

 

 

まとめ

 

 

オナ禁と一緒に筋トレを行うことで効果を高めることができます。

またリセット対策としても大きな効果があるのでセットで始めてみてもいいでしょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - オナ禁効果を高める方法, オナ禁を継続させるには